So-net無料ブログ作成
検索選択

名古屋市下水道科学館の美しい蓋達

DSC00119.JPG
#manhotalk へようこそ!

さて今回は、名古屋市下水道科学館に展示されている美しい蓋をご紹介いたします。
DSC09904.JPG

続きを読む


4月は出会いの季節。。。新たに配備されたマンホール蓋情報!!

#manhotalk へようこそ!

さて今回は、4月ということで、出会いの季節にちなんだ新しいマンホール蓋の話題です。
年度替わりのせいか、新たなマンホール蓋が配備され、Twitter等で話題になっています。

まずは埼玉県のふじみ野市の蓋からご紹介です。
ふじみ野市のホームページ発表資料より
fujimin_a.jpg

ふじみ野市の公式ゆるキャラ。ふじみんを中心に上部に市章、まわりに花が配置された蓋です。
この花については、はじめわからなかったのですが、ふじみ野市の広報の方に画像掲載の許可をいただいた際に、教えていただきました。
マンホール蓋の周りに配置している花は合併前の市町の花で、それぞれ、旧上福岡市の花「コスモス」と旧大井町の花「ききょう」です。
ご担当の方、有り難うございます!ちょっとした気配りが感じられる蓋ですね。

次は高松市です。高松と言えば、那須与一のマンホール蓋が有名ですね。私も自称 日本初のマンホール蓋電子ブック #manhotalk 街の蓋たちの表紙にも使ったぐらい好きな蓋です。
高松市のホームページより。。。余計な話ですが、私が以前販売していた製品でつくられたホームページのようです。これはうれしいなぁw
20130414-682476-1-L_a.jpg
高松工芸高等学校デザイン科がデザインした蓋で、JR高松駅やことでん高松築港駅から,シンボルタワーや桟橋乗り場に向かう歩道上にマンホール8か所をそれぞれに異なった絵柄(那須与一,高松城,盆栽,屋島,栗林公園,奉公さん)で配備するようです。
斬新なのは、QRコードがついていること。スマホをかざすと、サイトにとぶようです。高松市のホームページにも記載がありますが、日本初だと思われます。デザインマンホール蓋好きとしては、QRコードがないバージョンも配備していただきたいのですが、まずは新たなチャレンジに応援を送りたいと思います!!

このような地元のデザイン系の学生とのコラボレーションは、広島市の取り組みを思い出しますが、いい取り組みですよね。日本中に広がって欲しいものです。

そのほか、沖縄市のエイサーキャラクターのエイ坊がデザインされた蓋や、金武町の魔法使いターム君がデザインされた蓋も4月に設置されているようです。

しかし、、、すでに撮影しに行ったところばかりなのですが、また行かないといけなくなりましたねw

ではまた #manhotalk でお会いしましょう!

AppBank にiPhone 版マンホールマップの記事が掲載されました [マンホールマップ]

#manhotalk へようこそ!

さて前々回のエントリーで App Bank の朝刊見出し!!に 「マンホールマップとはなんぞや。」という記事を書きましたが、なんと本格的に紹介記事 「マンホールマップ: ディープなマンホール写真の世界にご招待。もうこれはナイスマンホ!!無料。」を書いていただきました。
appbank_01.jpg
なにこのマニアックさ…。と最高の褒め言葉もついています。

さらにうれしいのが動画紹介付きです!!

これはうれしいですね。

ではまた #manhotalk でお会いしましょう!





マンホーラー向きのデジカメとは!?

#manhotalk へようこそ!

さて今回は、マンホーラーにはかかせないデジカメについて、語ってみたいと思います。

以前「マンホーラーあこがれのデジカメ! Sony α55」というエントリーを書いたのですが、それから2年以上たった今かなり浸透してきたのが、GPS機能です。しかも精度がかなり上がっています。

マンホール蓋の撮影をする際に、今までは位置を他の手段で記録していかなければいけませんでしたが、この機能を搭載したカメラを利用することにより、簡単に位置情報がとれるようになりました。

コンデジ系でざっとあげるだけでも、以下のような機種が対応しています。
OLYMPUS STYLUS TG-2 ブラック
CASIO EXILIM EX-H20G シルバー EX-H20GSR
Canon PowerShot S110 PSS110(BK)
SONY Cyber-shot HX30V
Nikon COOLPIX AW110 OR サンシャインオレンジ AW110OR
Panasonic ルミックス DMC-TZ30-K
FUJIFILM FinePix F800EXR EXR-CMOS FX-F800EXR B
PENTAX WG-3GPS WG-3GPSGR

上記カメラやiPhoneなどであれば、マンホールマップへの投稿や、付属ソフトでも簡単に位置情報付きで写真を整理することができるので、とても便利です。 6.jpg これは、愛用のα77に付属しているPicture Motion Browserのマップビューの画面です。 GPS機能付きのデジカメを利用する時に注意したい点は、電源を落とさないことです。落としてしまうと測位に時間がかかります。最近はバッテリー性能も上がってきましたので、ずっと電源を入れっぱなしであれば、測位の時間も気にすることはありません。(その観点では、予備バッテリーが利用できるカメラがお勧めです。)

続きを読む


App Bank の朝刊見出し!!に 「マンホールマップとはなんぞや。」 [マンホールマップ]

#manhotalk へようこそ!

さて今回は、マンホールマップネタです。
取引先の方から、マンホールマップが記事になってるよと連絡をいただき、早速調べてみると。。。

なななんと!いつも情報収集しているサイトAppBank3月31日付けの朝刊に紹介されているではないですか?
APPBank_02s.jpg
朝刊のタイトルは「マンホールマップとはなんぞや。」 リンク先は、Y2C: 【iPhone】マンホールマップ:マニアックの極み と、マンホーラー冥利のキャッチがw

続きを読む


ワケあって歩いてます 「相鉄瓦版 第211号」にインタビュー記事が掲載されました! [みちくさ学会]

#manhotalk へようこそ!

さて今回は、記事ネタです。本日4月1日に、相鉄線関係の雑誌「相鉄瓦版」にインタビュー記事が掲載されました。
DSC01423.JPG

相鉄線は、相模鉄道株式会社ということで、神奈川県を基盤とする鉄道会社です。
kawara_01s.jpg
ホームページから抜粋すると
相鉄瓦版は、昭和51年3月に創刊した文庫本タイプの広報誌です。相鉄線にご乗車いただいている間(横浜~海老名駅間・31分)に読み切れるボリュームが好評で、作家の書き下ろし作品をはじめスポーツや雑学などさまざまなテーマを毎号特集し、相鉄線をご利用いただいているお客さまや沿線の皆さまに親しまれています。
ということで、長らく地元に愛されている10万部をこえる部数の雑誌だそうです。

今回の全体テーマは「ワケあって歩いてます」ということで、特集が組まれています。
 藤間久子のカメラ片手に歩いてみれば [特別編]カメラマン 藤間久子
 超低山からの眺め イラストレーター 中村みつを
 みちくさのススメ みちくさ学会
 連載 ぶらり寄り道 和田町
とうことで、みちくさ学会の仲間達とインタビューをうけました。

なんと、Web版もあるそうです。ぜひご覧下さい。

ではまた #manhotalk でお会いしましょう!


みちくさ学会 研究報告第1集 自宅の近所・通勤通学路にあるもの (impress QuickBooks)

みちくさ学会 研究報告第1集 自宅の近所・通勤通学路にあるもの (impress QuickBooks)

  • 出版社/メーカー: インプレスコミュニケーションズ
  • 発売日: 2013/03/21
  • メディア: Kindle版