So-net無料ブログ作成

公式越境蓋!八王子にあらわる 

#manhotalk へようこそ!

さて、今回はマンホーラーのみんなが大好きな越境蓋の話です。
基本的には、各自治体は自分の行政区域内の蓋を設置するのが基本中の基本なんですが、なんらかの原因で他の自治体の蓋が設置されていることを越境蓋と呼んでいます。
その原因は、様々なのですが、基本的にはピンチヒッターのようなものなので、最終的には正しい自治体の蓋になっていることが多いですし、わざわざ自治体が公表をいたしません。

なので公式に越境蓋を認め、むしろプロモーションに使うという自治体がでるとは思ってもみませんでした。

その事は、以下の「みかんずき・梅雨@秋」さんのTwitterのつぶやきで知りました!







さっそくリンク先(その際は11月1日号)を読み込むと、八王子市長コラムとして興味深いことが書かれていました。
八王子市長コラム_s.jpg
意訳すると、八王子市制100周年にちなんで、北条三兄弟の縁で姉妹都市となっている小田原市と寄居町でマンホール蓋の交換式をおこない、実物を設置するという、まさに越境蓋の公式版ともいえるコメントが。。。しかも11月19日にマンホール蓋の交換式をおこなうとは。これは行かねばと思ったのですが、その日はマンホールサミット倉敷の次の日で、関東にいない。。。む、無念

と、いうことで行って参りました!八王子城跡ガイダンス施設の上にある駐車場をのぼっていくとすぐに見えてきます。
DSC07480.JPG
寄居町のマンホール蓋ですね。町の鳥「キジ」、木「カタクリ」、花「山桜」の三点セット蓋です。
寄居町には鉢形城には北条氏邦

すこしあがるとすぐに次の蓋が見えてきます。
DSC07467.JPG

八王子市の蓋ですね。
DSC07517.JPG
人形劇に使われる八王子車人形ですね。とても色鮮やかです。ちなみにずいぶん前の撮影したので、最近は撮影していませんが八王子駅前にカラバリがありました。

DSC07538.JPG
小田原市の蓋です。酒匂川の渡し、富士山、箱根の山々と歴史を感じるデザインです。

DSC07520.JPG
今後小田原市は「小田原かまぼこ通り」に、寄居町は「寄居北條まつり」の合戦会場へ道にそれぞれ設置する予定とのことで、これは楽しみです。

なかなか撮影にいけないあなたに、動画もとってみましたので、ご覧下さい。


「みかんずき・梅雨@秋」さん、情報有り難うございました!!!

自治体さんがこのような取り組みをおこなっていただくとは、だいぶマンホール蓋に関する状況もかわってきましたね。これだと、マンホールサミット第一回の座談会で話した私の野望東京オリンピックのマラソンコースに日本全国のマンホール蓋設置して欲しいというのも夢じゃ無いかもw

ではまた#manhotalk でお会いしましょう!


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。