So-net無料ブログ作成

祝!マンホールカード100万枚突破

#manhotalk へようこそ!

さて、今回はマンホールカードについてです。
DSC04193.JPG
このブログを読んでいただいている皆様には、おなじみのコレクターアイテム。そうマンホールカードの累計発行数が100万枚突破したとのことです。

平成28年4月1日の第1弾配布開始から約1年半で第5弾は57種類(55自治体)となり、全カードを合計した累計発行種類は227種類(194自治体)という巨大なコレクションアイテムになっています。このカードの魅力はマンホール蓋の絵柄がわかるのは、もちろんのこと。デザインの由来や設置開始年。その絵柄を分類するデザインピクトグラム、カードのナンバリング。そして何よりその蓋を撮影した場所の位置情報までのっているというマンホーラーとして、参考になる情報が詰まっているのです。この魅力があったからこそ、この短期間に支持を集め100万枚に到達したのでしょう!!

プレスリリースはこちら




思えば数年前には、無かったマンホール蓋をテーマにしたマンホールカード。

この分野には、ダムカードという大きな成功を収めているインフラカードがあり、それを手に入れた時から欲しいなぁと妄想をしていましたが、ただのマンホーラーにはどうすることもできず。。。
そんなときパネリストとして参加したマンホールサミット2014で、「新しいマンホール蓋の楽しみ方としてぜひマンホールカードをつくって下さい」と語らせていただいた時には、まさかこんな勢いで普及するとは思いませんでした。

これもマンホールカード制作関係者および日本中の下水道関係者の努力と情熱のおかげですね。有り難うございます!!

残念ながら、もう一つの夢の2020年の東京オリンピックのマラソンコースに日本全国のマンホール蓋を実際配備して、海外に魅力を発信して欲しいという妄想は、かないそうにもないですが。。。いろんな形でマンホール蓋の魅力を楽しんでいきたいと思います。

そうそう、2017年11月3日におこなわれるマンホールナイト 9でも、たいちょおさんが「楽しいマンホールカード旅行!」というセッションが予定されています!!これは楽しみですね。

ではまた#manhotalk であいましょう!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。