So-net無料ブログ作成
検索選択

#Manhotalk のWebサービス [マンホールマップ]

#Manhotalk へようこそ

今回はdotnsf さんの多大なる協力によって完成したマンホールマップをご紹介します。このWebアプリは、皆様が撮ったマンホール蓋の写真を、コメント付きで日本地図に表示することができるWebアプリです。

今回dotnsf さんに、技術的、インフラ的に全面支援いただき無事にリリースすることができました。私は。。。構想とロゴを作ったぐらいという情けない始末です。

ということで、だいたいの機能をご紹介します。
URLはこちらです。

右上にあるボタンをくりっくし、TwitterのIDでログインすることにより、マンホール蓋写真が投稿することができるようになります。
MM00.jpg

Twitterの認証をおこない。
MM01.jpg

ログインすると、右上にTwitter IDが表示されれば成功です。
MM02.jpg
ログイン後参照。。。アップロードで、PCに保存されている写真をアップすることが可能です。

簡単な説明を記入することが可能です。
MM03.jpg
タグの制御をおこなっていませんので、ローマ字で都道府県名を入力ください。
例 Tokyo
例 Shimane 

写真のファイルにGPS情報が埋め込まれている場合は、その情報を優先し、正しい位置にポイントされます。
MM04.jpg
GPS情報が埋め込まれていない場合は、東京駅新宿駅のそばにポイントされますので。。。

それをドラックして正しい位置まで移動させます。
MM05.jpg
移動できるのは、Twitterの認証された本人のみです。

で、目的地点におきます。
MM06.jpg
今回の蓋は出雲市駅の目の前で発見したモノですので、そこにポイントします。

MM07.jpg
こんな感じですね。。。

他にも機能はたくさんありますので、いろいろいじってみてください。またそのうちご紹介します。

さあ、さっそくこちらにアクセスして、アップしてみてくださいね。
マンホールマップ

そして、このWebアプリ=マンホールマップ(Manhole Map)ですが、APIをdotnsf さんが公開してくれますので、皆様がアプリケーションを改良することが可能です。
現在iPhoneやアンドロイド用のUIは一部実装しているのですが、MAC環境がないので。iPhoneネイティブアプリ版の開発ができません。ボランティアでつくってもよいと言う方がいらっしゃいましたら、私(Twitter ID morimo_t)までTwitterのDMをくださいね。プロジェクトはLotusLiveのアクティビティーを使って管理していますので、LotusLiveのゲストアカウントを作ってお送りします。

最後にdotnsf さん、ボランティアで作業をおこなっていただき誠にありがとうございました。本当に感謝です!

ではまた#Manhotalk でお会いしましょう
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

ken

こんにちは、いつもマンホールマップのサイトを拝見させて頂いております。

実は私、社会福祉介護の団体の会のものでして、マンホールマップのサイトの仕組みに興味を持ち、どうにかワードプレスで、グーグマップAPI、ツイッターログイン認証まではどうにか、たどり着いたのですが、コメント画像などツイッターのタイムラン連動の仕組みが分からず頓挫しております、HPも初心者でHTMLなども分かりません、プラグインでどうにか作り上げているのですが、どうにもならず・・・・。

大変恐縮では御座いますが、ご教示頂けませんでしょうか?
by ken (2015-09-21 16:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。